[오렌지로드] 아유카와 마도카를 이용한 자살예방 포스터 ^^;



위 사진은 루리웹에서 가져왔습니다. 문제시 삭제 하겠습니다. ^^

아래는 뉴스 원문

「鮎川まどか」県ポスター

2010年03月18日

写真

ポスターを持つ「きまぐれオレンジ★ロード」作者のまつもと泉さん=川崎市

自殺しないで 漫画★呼びかけ

高岡出身作者 まつもと泉さん協力

 1980年代に週刊少年ジャンプなどで連載された人気マンガ「きまぐれオレンジ★ロード」のヒロイン・鮎川まどかを起用した、自殺予防を呼びかける県のポスターができた。高岡市出身で作者のまつもと泉さん=東京都町田市在住=は、脳脊髄(せき・ずい)液減少症という病気と闘い、不眠や強い不安感にさいなまれた経験がある。自殺の背景には健康問題も多いとされ、まつもとさんは「ひとごととは思えない」と、県の依頼を快諾した。(雨宮徹)

 ポスターにはセピア色の鮎川まどかが描かれ、県がこの春から始めた自殺予防のキャンペーン「タッチハート」のコンセプトに合わせた「心と心、つながってるよ」とのセリフと、相談機関などの問い合わせ先が記されている。まつもとさんによると、同作品のキャラクターが公的なPRに使われるのは初めて。

 まつもとさんは99年6月に、突然、めまいや不眠、腰痛、アレルギー症状の体調不良に襲われた。30~40の病院をめぐるが、なかなか原因が分からなかった。特に強度の不眠に悩まされ、「死んだら、眠れるかも知れない」。そんな思いが頭をよぎることもあった。

 治療をあきらめかけ、外出する気力もなくなった数年後、髄液が減ることで慢性的な頭痛や疲労を引き起こす脳脊髄液減少症と診断された。むち打ちなどが原因とも言われ、まつもとさんも幼少の頃に交通事故にあって頭部を強打した過去がある。

 04年夏から、自分の血液を注入して髄液の漏れ部分を固めるブラッドパッチ療法を受け、症状は徐々に改善した。一方で、ごく親しい人物がうつ病で苦しんだ末に亡くなるという経験もし、「自分は医者にたどり着けることができたが、精神的に追いつめられる苦しさは分かる」と話す。

 自殺は一般的に原因や動機が複雑で特定が難しいが、警察庁が昨春に発表した08年の自殺に関する報告では、理由のトップが「健康問題」(1万5153人)で、2番目の「経済・生活問題」(7404人)の倍を超えている。厚生労働省の統計によると、富山県は、居住地別でみた人口10万人に占める自殺者の割合で、08年は27・2人と全国13位、北陸3県では1位になっている。

闘病経験生かし

 脳脊髄液減少症は診断基準が未確定で、ブラッドパッチ療法も保険不適用だ。まつもとさんは現在、患者の会の活動に参加し、闘病経験をテーマにした作品も執筆中で、年内に発表を予定しているという。「自分の作品が使ってもらえることで、協力できるのはうれしい」と話す。

 県健康課によると、ポスターは同じく県出身の女優・柴田理恵さんを起用したものと合わせ、2種類計1千枚を印刷し、県内の関係機関を対象に配布している。


주요한 내용은 오래전의 만화캐릭터인 아유카와 마도카를 이용한 자살 방지 캠패인

20년전의 캐릭으로 현내의 자살방지 캐릭.. 역시 오렌지로드는 후훗... 마도카는 아직 죽지 않았단

말인가 움하하하...